no responses メリットとデメリット

CRMを導入すれば、さまざまなメリットともにデメリットも発生すると言われています。せっかくお金をかけて、手間ひまかけて運用できるようになっても、デメリットが多ければ意味がありません。

ではまずメリットを確認しておきましょう。CRMを使うメリットは顧客情報を社内で一元管理できるようになります。すると、いくつもの案件の動きがすべて把握できるようになります。また、顧客の反応なども全般的に見えるので、製品の改善、開発などもスピーディーに行うことができるようになります。顧客の声が実際に製品に反映されれば、顧客は満足度を向上させ、次の購買意欲を高めるという好循環も生まれます。

ではデメリットですが、CRMは導入時、運用後にも費用がかかり、すぐに使いこなせない場合が多いようです。導入前の研修などを行っても、実際に使いこなせるまでに期間がかかり、また営業にかける時間も減ってしまうため、営業マンは継続運用を嫌がるんです。このデメリットを何とかできれば、CRM導入は成功と言えそうです。

no responses 提案はそれとなく慎重に

CRMを活用したマーケティング、そして顧客への提案。これは、「それとなく慎重に」が適切とのこと。なるほど、ギリギリのところを攻めていたんですね^^

ネットショッピングをすると、必ず次にそのサイトに行くと「あなたへのおすすめ商品」があったり、メールやメルマガでも「あなただけの特別クーポン」なんていうのがありますよね。しかもそれらは、自分が興味を持っている商品に近いものばかり。こういったものはそのショップがCRMを活用し、ユーザーがどのような検索ワードを使ってショップに入ってきたのか、購入商品、購入金額、サイト内の足跡などを集積してデータを分析。そこから導き出された商品をタイミング良く提案しているわけです。

それを見てユーザーは「なぜ自分が好きな物を知ってるの?」と不思議に感じながらも、クリックし、カートに入れてしまうわけです^^

ただ、その提案の仕方が絶妙なんですよね。断定的な言葉を使わず、具体的言葉を使わない。何気におすすめする。この中途半端さが良いんですね。

no responses 色々と引っかかる

AirbnbとCCCが新しい取り組みを始めた、とのことです。「Tポイントサービス民泊でTポイントがたまる」と。

ここでまず疑問、AirbnbとCCCって何?ということです。調べてみると、Airbnbはエアビーアンドビーと読み、民泊をサービスしているサイト、運営者。一方のCCCは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ。ここで驚愕の事実^^このCCCが、Tポイントの事業を行っていて、蔦屋などもその一つであること。そっか、蔦屋からTポイントが始まってるんですよね。今やYahoo!のポイントサービスのイメージの方が強くなっているんですが。。

また、TポイントのデータをAirbnbのCRMに利用されることもわかっています。ここで疑問。勝手にユーザー情報を別の会社に利用されては困るんですけど^^そう思いませんか?カード会社もそうですが、勝手に保険会社にデータを流して保険会社からお知らせが届いたりするんですよね。なんでそんな事するの。。と思うユーザーがいることも、知っておいて欲しいものです。

no responses ハガキかメールか

CRMを使って顧客管理をしている会社では、定期購入や再販を促す施策を実施する場合、ハガキを使うかメールにするか、悩むところではないでしょうか。実際、私にもハガキ、メールなどがよく届きますが、一概にどちらが良いとは言えないですね。

ハガキだと一目見て興味がなければ即、ゴミ箱へ。メールの場合、タイトルや送り主だけ見て興味なければ開封せずにゴミ箱へ。なので、結局ほぼゴミ箱行きにはなるんですが、もし、心惹かれるタイトルが書かれていれば^^両方とも読んでしまいます。そして、結果その中身が期待以下の場合には、やはりゴミ箱行きですね^^でも、期待以上のものってそうは無いんですよね。極端な値引きがされていたり、超お得なクーポンなど、そうそう付与されることはありませんからね。

でも、私のような人がほとんどだと思うんです。しばらく購入が無かった顧客に対して、CRMでいろいろ分析して次の購入を促すのは結構なんですが、衝撃を受けるほどの何かが無いと^^そうやすやすとは再購入は無い、と思ってもらった方が良いと思いますね。

no responses すぐに作業を始めることができます

名刺の管理ツールを使うことで、引き継ぎ業務もとても効率化されるとのことです。

何十年も働いて、その間にもらった名刺の数は数百、いえきっと数千枚くらいにはなるでしょうね。これをすべて退職時に破棄したり持ち帰ることなんてナンセンスです。今はハッキリとしていることですが、名刺は個人のものではなくて会社の資産という考え方が当たり前となりました。

それらの名刺をもし、ファイルに挟んでアナログ管理を続けていたら、引き継いだ人はその後、自分なりの管理の仕方を見つけるまでに多くの手間と時間がかかってしまうでしょう。営業にかける時間を減らしてしまうことにもつながるため、避けたい手間と時間ですよね。

しかし会社で名刺の管理ツールを取り入れていれば、そこにあるものを利用すれば良いので、こんな効率的なことはありませんよね。

no responses 何をやるべきかをわかること

友人が残念、というか、ちょっと怒っていたんですが、半年ほど行きつけの洋服屋さんに行かなかったら、対応に明らかに違いがあったそうです。

セールの案内が来ていても、家庭の事情などで行けない事が続いていたようで、たまたま時間に余裕が出来て行ったところ、好みの服が無かったとのこと。友人は残念がっていたようですが、顔見知りのスタッフの方は「もう、うちの服は買う気が無いのだろう」と判断したようで、半年前まではお店の出口まで行って見送りしてくれていたのが、あっさりと店内でお別れだったそうです。

スタッフの明らかな不愛想な対応。まぁ分からないこともありませんが^^

そんな時だからこそ、温かく素敵な対応をして欲しかった友人は、「次は無い」と言っていました。

CRMの根本ってこういう事ですよね。小売の場合、半年ほど購入が無くても、既存顧客を丁寧に対応出来れば、また戻ってくれるんです。お礼状をせっせとそのスタッフは書いていたそうですが、もっと頑張るべき事が目の前にあったのにね~、と言い合いましたよ。

営業支援ツール紹介

no responses 時間がかかっているのに効果は?

SFAを使っている、時間をかけてきちんと入力している、なのに効果があるのかが疑問?そんな営業マンの方もいるようですね。

SFAは時間だけではなくて、コストもかかっていますし、入力の際の手間もかかっています。それなのに効果を感じなければそのうち使わなくなってしまう、そんな懸念も出てきそうです。

そもそもの話、SFAを使っているのは業務効率と新規顧客の獲得が目的にあるからですよね。でもそのためには営業日報や営業管理のために入力してデータを増やしていく必要があるんです。この部分だけに営業マンが注力し過ぎて、その後の最も重要な部分が欠落しているため、SFAを使っているのに効果が上がらない、時間が勿体無い、という結論を出してしまうんです。

ということで、まずは日報機能をもっと簡単な操作で短時間に終わらせること、他のシステムやグループウェアとの連携を行い、シングルインプット、マルチアウトプットにすること、資料作成などすべてをSFAで行うこと。これらを実行することで、各段の業務効率化が実現するはずです。

no responses カッコいい上司になるために!

新入社員がそろそろ疲れ、「この仕事、自分に合ってるのかな?」と、思い始める時期でもありますよね・・。でも、そんな時期だからこそ、カッコいい上司である姿を見せつけ、「自分もいつかは・・」と思ってもらいたいですよね^^

では、どうやったらカッコいい上司になれるのか。もちろん中身も重要ですが、外見、スタイル、仕事ぶりといった見た目も大切なようです。煩雑な業務をスマートにこなす姿。難しいツールを簡単に使いこなし、てきぱきと部下に指示を出す姿。名刺の管理ツールといった簡単なアプリでも良いのです。ササっと必要な情報を取り出し、アポを取る。こういったデキる姿を、是非新入社員の方たちに見せてあげてください。きっと新入社員も憧れの眼差しで見てくれるはずですよ^^

no responses 5年以上も前から?

名刺の管理ツールの中でも最も有名なのがSansanですよね。そしてここ最近ではSansanの個人用アプリ、Eightも有名になってきました。最近、コマーシャルされるようになったので、Eightの方は1年くらい前に作られたのかな・・と勝手にイメージしていたんです。それが、5年以上前から存在していた!ということがわかったんです^^

あるまとめサイトなんですが、その更新日がなんと2013年と書かれていたんです。あ~~ら、ビックリですよ^^

ansanの公式サイトを見ればそんなことすぐにわかるものなのですが、いつからサービスが開始された、とかいったことはほとんど関心無いですからね。

でも、5年以上も前から名刺の管理ツールとしてまとめサイトで紹介されるほど、優秀なツールだったんですね。

no responses コミュニケーションで顧客を離さない!

CRMの活用は、既存顧客を離さないための戦略づくりが容易になります。もちろん、ただ活用すれば良いということではありません。人が考えながらCRMを活用することが大事なんです。顧客をランク分けし、より優良顧客となるような既存顧客は絶対に離さない!という気合も必要かもしれませんね^^

そのための施策として、コミュニケーションというものがあります。分かり易く言えば、LINEなどで企業とのやり取りが1対1でできますよね。あれもCRM施策のひとつと言って良いでしょう。企業にとって、実際にその会社の商品を購入し、使ってみた客の感想は、次の商品開発や商品の改善に大きく役立つものです。クレームなどは耳をふさぎたくなるかもしれませんが、実はそこに大きなヒントがあるもの。それを顧客から直接聞けるLINEはコストがかからない上に顧客がとっつきやすい、とても便利なツールになっています。

売る側は顧客の生の声を聞くことができ、顧客側は自分の意見を直に企業側に伝え、その返事がもらえる。双方にとって大きな満足度を生むんですね。