2016年1月24日 archive

LINEの社長のおはなし

0

以前は、韓国の会社なのね・・と思ったこともありましたが、今では日本を代表する大きな企業と成長したLINE。今年、そしてこれからのはなしを社長がインタビュー記事の中で答えていました。その中で目についたのがO2Oという言葉。LINEではLINE@というものがあるらしく、すでに国内20万を超すお店が使っているんだそうです。このLINE@はLINEの利用者とお店が直接やりとりができるツールで、ネットで商品やサービスを知った利用者が、実店舗に行き購入などするO2O系のツールとして役立っているとか。また、ユニクロなど大手の場合にはオリジナルアプリを使いこれをCRMに活用するなどといったことができますが、中小企業ではそれはなかなか難しいためLINEでは「「LINEビジネスコネクト」を提供して、より効率的なCRMが行えるソリューションを提供しています。」とのこと。他にもいろいろと面白いことをおはなしされていましたよ^^

営業マンのタイムロスをなくす『マッピングアシスタントfor SFA』

0

忙しい営業マンは訪問しなければならない顧客・取引先が多いものですが、初めて訪れる場所や分かりにくい場所への訪問はタイムロスに繋がりかねません。企業の発展のため個人の業績を伸ばすためには、顧客一人ひとりのニーズに短時間で答えていくことが必要です。だからこそ営業マンにとって、これは大きな課題といえるでしょう。Sales Force Assistant上でのSFAアプリケーション『マッピングアシスタントfor SFA』は、そのようなタイムロスを大幅に削減するのに役立つツールとしてオススメですよ。訪問先をマッピングできるだけでなく、地図上にある顧客の位置情報がピンとして表示されたり、個人や企業のターゲットリストを検索できたり、簡単な訪問記録を入力保存できたりするのです。また訪問する順序や最短距離で行けるルートを示してくれるので、時間を効率的に使えるというわけ。できるだけ多くの顧客を訪問し繋がりを持ちたい営業マンにとって、こうしたマッピングアシスタントは大いに役立つでしょう。Sales Force Assistantを導入している企業は、使いこなして損はないツールだと思います。

ストラテジック・セールス実践機能とは

0

カタカナがずらりと並んでいると、それだけでしっかりと最後まで読む気になれなくなります^^で、スルーするのがいつもの私なんですが、これくらいの文字列だったら・・と読んでみたところ、読めても意味は理解できませんでしたね、残念ながら^^ではこのストラテジック・セールスとは・・SFAやCRMなどの営業力を強化してくれる機能のことなんですって。この機能が営業支援ツールをサービスしている会社で使われているのか、それともこの会社だけなのか、そのへんはよくわかりませんでしたが。この会社とは、NIコンサルティングというところで、「顧客創造日報シリーズ」というツールをサービスしているとのこと。もともとSFAなどはアメリカからやってきたものらしいですが、日本では使えるもの、使えないものがやはりあるんだそうです。顧客創造日報シリーズは「日本企業の営業指導ノウハウを元に開発された独自SFA」であり、日本に合ったツールとなっていると。こういう説明を読むと、サービスの意味が少し分かったような気がしますね^^