2016年5月16日 archive

わかる気がする^^

0

営業支援ツールを社内に導入することによって営業成績を伸ばす、このようなツールは「会社の悩みが尽きることがないので良い市場でもある」と書かれていました。なるほど、違う方向から見てみると確かにそうですよね。

また、もう一つなるほど、わかるわ・・と思ったこと。それは、果たして皆が皆情報共有をしたいのか、ということ。営業支援ツールを紹介する際、必ずと言って良いほど出てくるのがこの情報共有ですよね。自分の営業した先の会社の情報、営業マン自身の営業の情報すべてが可視化され社内で共有されるため、自分がもし出社できなくても、あるいは別の営業マンが出社できなくてもすぐに別の人が営業先に出向くことができる。また、これらを上司がいつでも確認し、修正があればすぐに手を打つことができる。これらが営業支援ツールのメリットだと書かれています。

しかしながら、実際この情報共有、可視化を営業マンが望んでいるのか、自分の営業の情報すべてが見られるとしたら・・様々な意味で嫌ですよね^^このような点からも、営業支援ツールが浸透していかない理由が見えてきますね。