2016年10月22日 archive

ビジネスチャットを活用しているピーアークホールディングス

0

関東地方でパチンコホールやインターネットカフェなど36店舗を展開するピーアークホールディングスは、社員間のコミュニケーション促進を目的として、2015年より社員全員にスマートフォンを配布。さらに情報を共有する目的からビジネスチャット『WowTalk』を導入しました。WowTalkは、チャット形式でリアルタイムな社内コミュニケーションを可能にする“チャット(トーク)”、社内専用掲示板として共有事項を発信できる“タイムライン(掲示板)”といった機能をパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットで利用できるサービスなのです。LINEやフェイスブックと同じような使い方なので誰でもすぐ使いこなすことができるそう。シンプルで使いやすいことが導入の決め手となったそうですよ。情報共有することで、若手社員のチャレンジを会社全体で知るキッカケになり、社員個人の取り組みや頑張りにスポットを当てることができるようになりました。このことは組織モチベーションの向上につながっていると思います。また離職率の低下にも一役買っているそうですよ。

ソフトブレーンのeセールスマネージャーRemix Cloud

0

ソフトブレーンが提供しているCRM。それがeセールスマネージャーRemix Cloudです。

このCRMの特長としては、営業担当者の使い勝手が良いこと、上司や管理者の決断が早くなること、そして運用ができるまでに徹底的に支援をしてくれること、この3つが挙げられていました。

CRMの導入効果として期待されているのは、顧客満足度を上げられるような顧客管理システムですよね。それぞれの顧客に即した商品、サービスの提供が行えるようになる、これは究極の営業でもあります。

また、「1,800社以上の導入実績で業界トップクラス!圧倒的な定着率のSFA /CRM」という肩書きも^^でも導入実績が高いシステムというのは、ある意味納得させられる部分もありますよね。それだけ信用もできる会社のシステムなんだろうな、って思いますものね。

使い勝手の良さやスピーディーな経営判断ができるようになることのほかに、定着するまで徹底的にサポートしてくれるのも、パソコンに詳しくない人ばかりの会社では安心できますね。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa-hikaku.html