no responses 部署内で共有できていれば・・

こんなことってありませんか?始めてアプローチした会社の担当者と、一緒に営業に出かけた部下が知り合いだったということ。または、自分が知り合いだった・・ということ。

もちろんそれでも構わないのですが、もし事前にそのことが分かっていればより良いアプローチができたり、先方も柔軟に対応する体制が整ったかもしれませんよね。

このようなことが発生しないように、今注目を集めているのが名刺の管理ツールなんですよね。スマホでも簡単に名刺管理のアプリをダウンロードし、活用できるので、個人事業主でもすぐに活用が開始できます。

部署内で同じツールを利用すれば、全ての名刺がデータ化、共有化されるため、アプローチする担当者の情報も事前に入手できる可能性も高くなるわけです。

knowledgesuite.jp

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>