no responses ミスも少なくなります

営業情報の中には、受注の数、日程なども含まれています。これをSFAを使って共有化していれば、もし、発注を入れた営業マンが数や日程を間違えてしまっていたとしても、製造部や物流部において営業情報から確認していたものと違う、という問い合わせを営業マンに入れることが可能です。営業マンもすぐにそれを確認することで、ミスを少なくすることができますよね。

また、ミスが無かったとしても、情報共有によって営業マンからの発注が無くてもリアルタイムでほかの部門が確認できるので、素早い対応も可能と言えそうです。

日本の企業は縦のつながりはあっても横のつながりがほとんど無い。というか、仲が悪いとさえ言われていますよね。ミスや失敗があればほかの部門のせいにしてしまったり^^でも、日ごろからSFAを活用して横のつながりを持ちながら情報共有していれば、自然と仲間意識も芽生えそうですよね。

単に情報共有というだけではなく、実は目に見えないところでもSFAはメリットがたくさんあるのかもしれません。

名刺CRM

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>