no responses なぜ失敗につながるのか

SFAの導入において、失敗という言葉は付き物ののようですね。関連のサイトを見ても、「導入を失敗にないために」とか、「失敗にならないようにするには」と言ったポイントが書かれています。

では実際にどういったことが失敗につながるのか。1つ目は、目的がしっかりとしていないこと。SFAを導入すれば新規顧客は増えると思っての導入なんですが、目的がピンポイントで当たっていないので、活用中、どこを目指しているのかがわからなくなり、利用を止めてしまうケースが多いんですね。

次に、機能の向き不向き、そして数です。役に立つと思った機能を詰め込み過ぎたせいで、使いこなせない、機能が多すぎて使っていてもあちこちに目が行ってしまうなど。せっかく高額なSFAを導入しても、使っている機能が1つだったり2つだったりしているようです。

そして最後にインターフェイスの使い勝手です。営業担当者が「この最初の画面でつまずくんですよね~」とボヤいている様子を見たことがあります^^難しいものを敢えて使いたくはありませんからね^^

https://knowledgesuite.jp/service/groupware/groupware-detail02.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>