2018年5月25日 archive

カッコいい上司になるために!

0

新入社員がそろそろ疲れ、「この仕事、自分に合ってるのかな?」と、思い始める時期でもありますよね・・。でも、そんな時期だからこそ、カッコいい上司である姿を見せつけ、「自分もいつかは・・」と思ってもらいたいですよね^^

では、どうやったらカッコいい上司になれるのか。もちろん中身も重要ですが、外見、スタイル、仕事ぶりといった見た目も大切なようです。煩雑な業務をスマートにこなす姿。難しいツールを簡単に使いこなし、てきぱきと部下に指示を出す姿。名刺の管理ツールといった簡単なアプリでも良いのです。ササっと必要な情報を取り出し、アポを取る。こういったデキる姿を、是非新入社員の方たちに見せてあげてください。きっと新入社員も憧れの眼差しで見てくれるはずですよ^^

5年以上も前から?

0

名刺の管理ツールの中でも最も有名なのがSansanですよね。そしてここ最近ではSansanの個人用アプリ、Eightも有名になってきました。最近、コマーシャルされるようになったので、Eightの方は1年くらい前に作られたのかな・・と勝手にイメージしていたんです。それが、5年以上前から存在していた!ということがわかったんです^^

あるまとめサイトなんですが、その更新日がなんと2013年と書かれていたんです。あ~~ら、ビックリですよ^^

ansanの公式サイトを見ればそんなことすぐにわかるものなのですが、いつからサービスが開始された、とかいったことはほとんど関心無いですからね。

でも、5年以上も前から名刺の管理ツールとしてまとめサイトで紹介されるほど、優秀なツールだったんですね。

コミュニケーションで顧客を離さない!

0

CRMの活用は、既存顧客を離さないための戦略づくりが容易になります。もちろん、ただ活用すれば良いということではありません。人が考えながらCRMを活用することが大事なんです。顧客をランク分けし、より優良顧客となるような既存顧客は絶対に離さない!という気合も必要かもしれませんね^^

そのための施策として、コミュニケーションというものがあります。分かり易く言えば、LINEなどで企業とのやり取りが1対1でできますよね。あれもCRM施策のひとつと言って良いでしょう。企業にとって、実際にその会社の商品を購入し、使ってみた客の感想は、次の商品開発や商品の改善に大きく役立つものです。クレームなどは耳をふさぎたくなるかもしれませんが、実はそこに大きなヒントがあるもの。それを顧客から直接聞けるLINEはコストがかからない上に顧客がとっつきやすい、とても便利なツールになっています。

売る側は顧客の生の声を聞くことができ、顧客側は自分の意見を直に企業側に伝え、その返事がもらえる。双方にとって大きな満足度を生むんですね。