2018年10月22日 archive

見える化は安全ももたらす

0

ネット記事に出ていたのですが、NTT西日本が手掛けるIoTサービスの実証実験が始まっているとのこと。幼稚園などの庭に機械を設置し、現在の気温や湿度などを考慮した上で園児を外で遊ばせても良いのかどうかを、数値化して見える化する、というものだそうです。

これまでというのは、保育士の経験、勘によって、子供を外で遊ばせて良いのかどうか決めていましたが、それらに頼るのではなく。数字で見える化することでより安全に子供たちを遊ばせられないか、という想いがあるようです。

営業の現場でも、この経験、勘という、目には見えない、数字で測ることが出来ないものが主流でしたが、SFAなどの普及によって、見える化、数値化できるようになりました。これは、見る人全てが共通理解をする上で、最も分かり易く、後にも残る便利なものです。

どの世界でも、情報は共有化され見える化されること。これによって理解を深めたり、安全性を向上させることができるんですね。