no responses 管理者でさえも戦略が立てられない

営業マンを数人抱える管理者と呼ばれる立場の人でさえ、今は戦略を立てることができない人の方が多いと言われています。30歳代そこそこで管理者になる人も多いでしょう。しかし経験はそこまでできていない。でも、ベテランがごそっと退職させられた、たまたま上の世代が少なかった、すぐに辞めてしまうなどの理由から、そこまで経験が無くても管理者になってしまうケースも多いんですね。

そうなると、会社は悲惨であり、また管理者の下につく営業マンも悲惨な目に遭ってしまうのです。場当たり的な営業をさせてしまったり、何かが起きたらその都度対処するため、マニュアルが確立できない。部下となる営業マンからは信用を得られず、また次々と辞めてしまうかもしれません。

こんな状況であれば、SFAなどを導入してAIを活用して確度の高い顧客分析や営業分析を行った方がよっぽど実のある営業ができそうです。営業マンだけでなく、飲食店の責任者と呼ばれる立場の人たちも実はこういった現状があるとのこと。みんな、それぞれ頭を抱えているんですね~。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>