no responses 3つのタイプ

CRMを語る時、3つのタイプで紹介します、といった内容のコラムがありました。

CRMに3つもタイプがあるとは初めて聞きました。どのようなものがあるのでしょうか。1つは営業支援として使うタイプ。チームとして営業を行い、属人化していた営業現場を組織化すること。顧客情報を一元管理して、全ての営業に関わる人たちが同じ情報を共有し、営業に役立てる、このような使い方だそうです。

2つ目は保守、点検などを行う営業マンのためのもの。顧客満足度を向上するべく、顧客からの電話、クレームなどを全て一連の流れの中で管理し、サービスの向上に役立てるというタイプだそうです。

そして3つ目がポイントカードを使ったもの、といったら分かりやすいでしょうか。会員システムを利用して顧客情報をあらゆる角度から集め、それぞれの顧客に最適なサービスを提供したり、クーポンやキャンペーンの実施などを行っていくんですね。個人のためのCRMとも言えるようです。

要は、誰が誰のために使うのか、使う内容、目的によってCRMも選ぶ必要があると言うことですね。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>