no responses 支援するツールという考え

過去にSFAを導入し、失敗した会社では、次のSFAを導入できるまでにかなりの年数を必要とするようです。30年ほど前に一度日本にSFAが渡ってきた頃は、日本人に向かないツールとして知られていました。その頃のことを知っているビジネスマンであれば、余計にSFAについては抵抗を感じるでしょう。

アメリカ式のチーム営業、管理画面は使いづらく、また費用はかかるのに成果が伴わない。何より、毎日のビジネスマンの営業を記録するため、見方によってはビジネスマンの行動管理をされている気分になる、といった負のイメージもあるんですね。

確かに、10年ほど前までは行動管理という側面が強かったSFA。しかしここ数年で新しいSFAが登場し、行動管理のツールではなくビジネスマンの仕事を支援するツールとして作られるようになったんです。それも日本のベンダが開発し、日本人に合ったものに改善していますから、非常に使いやすく、慣れれば時間もかからないものになっているんですね。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>