導入で失敗しないソリューション選び http://www.hotelsopot.net Tue, 12 Mar 2019 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 「共有名刺帳」機能の提供をスタート http://www.hotelsopot.net/2019/03/13/article-20190313/ http://www.hotelsopot.net/2019/03/13/article-20190313/#comments Tue, 12 Mar 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/hotelsopot-net/2019/03/13/article-20190313/ LINEの名刺の管理ツール、myBridgeにおいて、新機能の提供がスタートしたそうです。その機能とは共有名刺帳というもの。 myBridgeは他の名刺管理ツールと同じように、スマホのカメラで名刺を撮影し、OCR、あ [...]]]> p>LINEの名刺の管理ツール、myBridgeにおいて、新機能の提供がスタートしたそうです。その機能とは共有名刺帳というもの。

myBridgeは他の名刺管理ツールと同じように、スマホのカメラで名刺を撮影し、OCR、あるいは人の手によって情報がデータ化されます。

そして、この新機能では、名刺情報を共有したい人を招待。それぞれの名刺を撮影して情報を共有できるというものだそうです。今までのこういったツールよりもシンプルな操作性が実現しているとのことです。

また、人物ごとにメモ機能があり、商談の内容や気になったことなども記録することで、共有が可能。すべてのメンバーだけではなくて、選択して通知を送ったりもできるそうです。

名刺CRM機能紹介 |選ぶポイント

]]>
http://www.hotelsopot.net/2019/03/13/article-20190313/feed/ 0
パッケージ化されたもののメリット http://www.hotelsopot.net/2019/02/28/article-20190228/ http://www.hotelsopot.net/2019/02/28/article-20190228/#comments Wed, 27 Feb 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/hotelsopot-net/2019/02/28/article-20190228/ CRMをどこのベンダのものか選ぶ際、どのようなパッケージになっているのかをよく見極める必要があります。また、そのパッケージが自社に最適のものであれば、予想以上の売り上げアップを狙うことも可能となりそうです。

あるベンダのものでは、メール、メルマガの配信や管理とともに、アンケート調査の結果なども一緒に管理できるCRMがあります。顧客の属性、購入履歴だけではなくて、実際に顧客がどのように思っているのか、どんなものを欲しがっているのかを直接聞けることは、商売をする上で貴重な声になるはずです。

LINEなどと連携して、直接やりとりしたり、コールセンターやお問い合わせの情報も一元管理が可能になったものもあり、それだけ顧客の生の声を大事にしているんですね。こういった横のつながりを網羅することで、今までに分からなたっか、見えていなかったことがわかるようになり、新商品の開発や既存商品の改善にも大いに役立つはずです。

一つ一つの機能を足していくより、パッケージ化された最適なCRMを見つけられると良いですね。

]]>
http://www.hotelsopot.net/2019/02/28/article-20190228/feed/ 0
分析ってこういうこと http://www.hotelsopot.net/2019/02/17/article-20190217/ http://www.hotelsopot.net/2019/02/17/article-20190217/#comments Sat, 16 Feb 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/hotelsopot-net/2019/02/17/article-20190217/ CRMを活用することで、顧客の分析ができる、とよく言われています。でも、顧客の何を分析しているの?と思ったことはありませんか?漠然過ぎて、何をどう分析したらCRMの良さを実感できるのでしょうか。

最もわかりやすいのは、顧客の離脱率。初めて自社で商品を購入した顧客。そのまま優良顧客へと育成していきたかったのに、いつの間にかいなくなっていた、ということもよく起きています。それを受け「あぁ。また顧客が減った。」「せっかく顧客が出来たと思っていたのに。また新規顧客を探さないと」と、こちらの方向に考えが向いてしまうものです。でも、CRMを活用することで、「なぜ顧客が離脱してしまったのか。」「どれくらいの購入後の離脱してしまうのか。」こういった分析ができるんです。

理由、傾向が判明することで、次にどのような施策を打ち出し、実行していこうかと、戦略を練ることができる。これが顧客を分析し、既存顧客を優良顧客へと育成していくための大きなヒントになるわけですね。

顧客管理情報|Knowledgesuite

]]>
http://www.hotelsopot.net/2019/02/17/article-20190217/feed/ 0
人材の流出にもつながります http://www.hotelsopot.net/2019/02/05/article-20190205/ http://www.hotelsopot.net/2019/02/05/article-20190205/#comments Mon, 04 Feb 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/hotelsopot-net/2019/02/05/article-20190205/ 営業改革を推進していったら、人材の流出にもつながった、という例があるそうです。

IT企業や若手の社員が多い企業では、幅広く社員の意見を取り入れたり、社長自身が今までとは違った経営方針を立てています。副業を認めたり、正社員とパートの人を同じような条件で雇ったり、働く時間を週4日にしたり。こういったことを行うことで会社主体の働き方を人主体のものにしていく。自分の意見もしっかりと伝えることができ、それに応じた報酬ももらえるため、会社を辞める理由がなくなっていきますよね。

ただ、昔堅気の企業ではそこまで革新的な改革はなかなか進んでいません。幹部たちは改革しているつもりでも、それが社員隅々にまで実感されていないんです。こんな会社でCRMなどの営業支援ツールを導入するだけでも、業務が改革できることがあります。情報の共有化によって、それまでに使っていた時間や業務負担が激減する場合があるんです。

働く時間が減っても報酬が同じであることで、結果的に人材の流出を防ぐことにもなります。

]]>
http://www.hotelsopot.net/2019/02/05/article-20190205/feed/ 0
タイミングは重要です http://www.hotelsopot.net/2019/01/19/article-20190119/ http://www.hotelsopot.net/2019/01/19/article-20190119/#comments Fri, 18 Jan 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/hotelsopot-net/2019/01/19/article-20190119/ 必要の無い時にばかりなぜか営業に来る人、いませんか?「このタイミングで来てくれればすぐに発注できるのに、いつも間が悪い人だよね~」と感じる営業マン^^

やはり営業ってタイミングですよね。もし、在庫が無くなりそうな時にこちらから電話をしなくても、ちょうど良いタイミングでメールや電話があったり、直接会社に来てくれる営業マン。絶妙なタイミングで来てくれれば、気持ち良く、またその営業マンへの信頼度も高まります。

自分はそんなタイミングをきっと逃しているな・・、と思ったら、SFAを使ってみてはいかがでしょう。SFAを使えば、タイミングだけではなくて、そろそろこんな製品やサービスも必要としているのでは?と、取引先の担当者の潜在ニーズなども探ることができ、ピッタリの提案が出来れば顧客満足度も向上させることが可能です。

今までなかなか成績を上げられなく、悶々としていた営業マンの方!今がSFAの導入タイミングかもしれませんよ^^

営業支援システム比較

]]>
http://www.hotelsopot.net/2019/01/19/article-20190119/feed/ 0
現場の声を反映させたものに http://www.hotelsopot.net/2019/01/04/article-20190104/ http://www.hotelsopot.net/2019/01/04/article-20190104/#comments Thu, 03 Jan 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/hotelsopot-net/2019/01/04/article-20190104/ CRMが失敗する原因は、いくつかの場面で細かく出てきてしまうこともあり、それぞれの会社や部署によって違いがあるようです。

その中で、ほとんどの会社で出てくる原因が現場の声が反映されていなかった、というもの。営業マンやマーケティングを行うスタッフが使えるように設計されたもの、継続的に使いたいと思える設計になっていたのか、ここがポイントだと言われているんです。いくら会社側がお金をかけ、多くの機能を取り入れて存分にCRMを活用してくれ!と言ってくれても、実際にCRMを使っていくスタッフが使えるものでなければ、それは当然失敗してしまいますよね^^

営業やマーケティングを行っていても、ITには弱かったり、今使っているもので十分なのに、という考えを持つ人もいます。やっと覚えたエクセルから、さらに難しいツールを覚えろと言われても、もう限界という人も。そのため、CRMをどこのベンダにするのか決める段階から、現場の意見を取り入れ、試用期間を設けて現実的に使うことができるのか、導入前に検証することが重要なようです。

名刺CRM比較

]]>
http://www.hotelsopot.net/2019/01/04/article-20190104/feed/ 0
本当にそれだけ大丈夫? http://www.hotelsopot.net/2018/12/24/article-20181224/ http://www.hotelsopot.net/2018/12/24/article-20181224/#comments Sun, 23 Dec 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/hotelsopot-net/2018/12/24/article-20181224/ テニス選手を世界一に導いたコーチの指導法が話題になっていますよね。怒って奮起させて指導するのではなく、相手の目線に立って、もしくは下から見上げるようにして選手を優しく包み込むようにして勇気づけ、やる気を引き出すといった。多くの有名人、コメンテーターなどが大きく賛成し、うなづいている姿を見ますが・・。

営業でもそうですが、ただ怒り、叱っていても成績が上がらないのは事実でしょう。CRMなどの最新のツールを導入してあげたのに、まったく芽が出ない、効果が見えてこないのでは、管理者も経営者も頭を抱えるのは間違いないこと。でもそこで怒り叱ってはいけない、ただ励まし続けて一体何ができるのでしょう。。

もともと土台となるものがあって、相手を勇気づけたり優しい言葉をかけるから効果的なのであって、それが無いのにただ優しくしても何もそこからは生まれてこないはずです。

営業支援ツールの導入に効果が見えてこなければ、初心に立ち返り、何が不足して足りないのかを一緒に検証すること、ときには叱咤激励しながら励ますことも重要だと思いますね。

]]>
http://www.hotelsopot.net/2018/12/24/article-20181224/feed/ 0
CRMを導入すると http://www.hotelsopot.net/2018/12/12/article-20181212/ http://www.hotelsopot.net/2018/12/12/article-20181212/#comments Tue, 11 Dec 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/hotelsopot-net/2018/12/12/article-20181212/ CRMを導入する会社が急速に増えているといいます。スマホの無料アプリにもCRMはあるほど、かなりメジャーなツールになってきていますが、それでも実際にCRMを導入するとどういったメリットがあるのか、知りたいですよね。

大まかに分けると、CRMのメリットは3つあると言われています。1つ目は顧客情報の一元管理ができること。ネット、リアル、通販など、今はいくつものチャネルで物を販売できます。また全国に支店があったりすると、顧客情報はバラバラに管理されているんですね。これをCRMは一つにまとめることができます。

2つ目はクラウド管理できること。一まとめにした場所はクラウドですから、いつでもどこにいても顧客情報にアクセスできるようになるんですね。

そして3つ目はスマホでも使えること。クラウドだからなせることですが、エクセルのように出し入れする際、容量などを考えることなく、クラウドに多くの情報を入れ、好きな時に入力も可能です。CRMが急速に広まった要因がスマホの普及にあったとも言われています。

]]>
http://www.hotelsopot.net/2018/12/12/article-20181212/feed/ 0
SFAは無理かな~と思ったら http://www.hotelsopot.net/2018/11/28/article-20181128/ http://www.hotelsopot.net/2018/11/28/article-20181128/#comments Tue, 27 Nov 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/hotelsopot-net/2018/11/28/article-20181128/ イベントやセミナーを開いたり出向いたりして、せっせと集めた名刺。それをこれからSFAに入力する段階になると、その名刺の多さに今度はうんざりすることがありませんか?最初の数枚は良くても、次第に「自分は何をやってるんだ?営業に行かなくていいのか?」と疑問に思ってしまうものです。「そこまでしてSFAを使わないと顧客獲得ってできないの?」とまで考えてしまう人もいるようです。。

こうなってくると、もう目的がどこにあるのかも見失っていますよね^^よくSFAはデータの入力をしてしまったら放置されやすい、と聞きますが、この場合には入力前にすでに挫折してしまうそうです。SFAは無理かな~と思ってしまう場面です。

でも名刺情報の入力さえクリアできれば、相当な手間は省けますよね?こういった営業マンたちの負担軽減に、名刺管理ツールというものがSFAと連携されるようになったんです。名刺を10枚ほど一遍にスキャンすると、自動でデータ化されるもの。これを聞いただけでも、きっと営業マンたちの顔は明るくなりそうですよね^^

営業支援システム比較

]]>
http://www.hotelsopot.net/2018/11/28/article-20181128/feed/ 0
自社の業務に沿ったツールであること http://www.hotelsopot.net/2018/11/14/article-20181114/ http://www.hotelsopot.net/2018/11/14/article-20181114/#comments Tue, 13 Nov 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/hotelsopot-net/2018/11/14/article-20181114/ 海外製の、大企業も使っているような有名なSFAを導入したい。多くの効果が出ていて、ライバル企業が使っているSFAを導入したい。とにかく口コミが良いSFAを導入したい。SFAを選ぶ時には色んな声が聞かれますが、最も重要なのは他の会社で効果が出ていても、実際に自分の会社で効果が出るのかはわからないということです。自社の業務に沿ったツールでなれば、お金の無駄遣いになってしまうことだってあります。

また、機能もSFAには様々あり、ベンダによっても呼び方が違っていたり操作方法が全然違う。スタッフのITリテラシーの高い低いでも使えるもの、そうでないものがありますから、多面的に自社の業務の様子をリサーチし、それに合ったSFAを選ぶことが重要となります。

ただ、超有名ベンダのものやライバル企業が導入しているSFAが悪いと言っているのではなく、良い面ももちろんあります。それは、導入経験の豊富さ。自社と近い業種、業態、使いたい機能が豊富にあるベンダであれば、導入前から相談に乗ってもらうことも可能なので、こういったところもリサーチすると良いですね。

]]>
http://www.hotelsopot.net/2018/11/14/article-20181114/feed/ 0