no responses 見込み客を優良顧客にするために

いくら多くの見込み客を抱えていたとしても、実際にアプローチして商談を行い、成立できていなければ何の意味も持ちません。しかしながら、アプローチの段階で右往左往してしまう営業マンもたくさんいるようです。

そこでSFAの活用となるのですが、見込み客を自動で段階的に評価できる機能はどのSFAにもあるようです。しかし、その評価に沿った担当部署への割り当てというのはなかなか無いですよね。

セールスフォースの営業支援システムの中の機能、見込み客管理においては、見込み客を顧客に育成、そして「見込み客を適切な担当者に割り当て」ができる機能があるんだそうです。

ここまで自動でやられると、かなりの効率化ができますよね。適切な担当部署、担当者を選ぶには、システム内にそれ相応の社員の評価もデータとして蓄積されていると思いますが^^

でも、最適な担当者が選ばれれば確かに商談成立まで、最短の道のりで成功へと導かれる確立は非常に高くなりそうです。

no responses 社内共有って、じつは難しい

顧客情報が山のように蓄積されていても、それらを営業担当者がアナログ管理していれば社内共有は難しいものになります。だって、営業担当者は自分の足で稼いだ情報ですからね。同じ会社の人間でも情報を全て教えてしまうのには抵抗を感じるでしょう。

でも会社としてみれば、すべてを共有できた方が断然良いわけです。次の営業戦略を立てることにしても、より多くの情報を持っている方が有利に進めることができるから。ある会社にアプローチする際。どの営業マンがどの担当者と繋がりがあるのか。また、一度アプローチした経験はあるのか。これを調べるのにアナログ管理だと時間と手間が相当かかってきますよね。もしアプローチした経緯があっても、それが退職した担当者であれば、当時の事をどうやって調べたら良いのでしょう。。

これらを考えると、SFAといったデジタルで管理できるツールの導入がいかに素晴らしいかがわかります。会社として、情報は個人のものではなくて会社の資産であること。そして共有することが自分たちのためでもあることを、しっかりと認識させることが大切ですね。

no responses ログインサービスがCRMとの連携で

フィードフォースが提供しているログインサービスと、シナジーマーケティングが提供しているCRMサービスの連携がスタートしたそうです。

ログインサービスの方の名称はソーシャルPLUS。CRMの方はSynergy!。この連携がどのような効果を生むのかと言うと、Synergy!を利用して作られたフォーム内にSNSやホームページサービスの際に必要となるログイン機能を簡単に実装できるようになるんだそうです。つまり、ユーザーがいちいち新規会員登録の際に面倒と思っている登録作業、そしてログイン時のIDやパスワードの入力をしなくても良くなると。これはユーザーとしては便利ですよね。私の経験でも、新規会員登録が面倒なのでいつものショップを利用したことが何度もあります。企業側もそれをしっていたんですね。

また、企業側としては新規顧客の獲得がしやすくなったり、Synergy!にある顧客情報、行動履歴などのCRM情報を使い、ユーザーそれぞれに最適なメッセージを連携しているLINEの方で配信することなどもできるようになるそうです。

knowledgesuite.jp

no responses 時間も大切

とても興味深い事実について書かれたネット記事を見つけました。「フォローメールの配信タイミングは初回申し込み時間に合わせるべし!」と言うのです。

CRMを活用したフォローメールを送っている会社も随分と増えていますよね。このCRMが上手く活用出来、思ったような収益を上げている会社もあれば、ほとんど見込み客からのアプローチが来ない会社。どうしてこのような状況になってしまうのでしょう。

このネット記事にはそれが時間にある!と書かれていたんです。もし、初回に商品を購入した顧客が午後2時に買い物をしていたら、次のサンクスメールなどはその時間、つまり午後2時ごろに出した方が効果的なんだとか。メールって一斉配信をする方が多い中、時間の指定までしているところは少ないでしょうね。

私のところに来ているフォローメールは・・そうですね。よくわかりません^^だって、自分が欲しいものを購入する時間なんてまちまちなので、そのまちまちの時間に合わせることは難しいでしょうからね。

no responses CRMを使った新たな観光誘客

新潟県の妙高市では、CRMを活用した観光誘客というものを始めたとのことです。CRMとは顧客情報管理ツール。これを使ってどのように観光に人を誘致するんでしょうかね。

妙高市とは新潟県の南西部にある街で長野県と隣接。スキーと温泉の高原リゾートとして知られていますが、その観光情報として「妙高ノート」というサイトがあるんだそうです。このサイトを活用するんですね。「国内外から会員を募り、誰がどんな画面を閲覧したかのデータを解析」することで、妙高市ではどのような場所が興味を持たれているのかを解析できるんだそうです。

ただ、この妙高ノートというサイトを観光客が知っていてくれないと、サイトには訪れて来てくれませんよね^^なので、このサイトへのアクセスを増加するためにネットでの広告を始めたそうです。私はまだ見ていないんですが、検索窓に新潟、スキー、と入力してEnterキーを押せば、妙高ノートの広告が表示されるとのこと。スキーをまだ楽しみたい!と思っている方は、一度検索してみてください^^

no responses パソコンでのログインがパスワードレスになる『スマホ認証』

セキュリティに配慮しなくてはいけないとはいえ、いちいちパスワードを入力するのって意外と手間ですよね。コンテンツやアプリケーションごとに沢山のパスワードを管理している方は特に面倒だと感じているでしょう。そこでNTTドコモが、パソコンで「dアカウント」にログインする際の方法に、『スマホ認証』を追加しました。これはパスワード入力する代わりにスマートフォンやタブレットの生体認証機能(指紋認証や虹彩認証など)を利用して、本人確認を行えるというもの。パソコンのログイン画面で“スマホで認証”をクリックすると、事前登録してあるスマートフォンなどに通知されます。その指示に従って生体認証を行うだけで、ログイン完了になるという仕組みなのだとか。ただしdアカウントのスマホ認証を利用した場合、IDが自動表示されるようになるので注意が必要です。課題は残されているものの、パスワードレスになれば利便性は増すでしょう。ビジネスシーンでも大いに役立ちそう。Sales Force Automation (SFA)とは

no responses これまでにできなかったサイクルを生みだせる!

新規顧客を獲得して、この顧客を優良顧客とランクアップできるようにあの手この手で育成し・・。

そのためには営業担当者が個別に管理していた顧客情報や案件情報を全て集め、一元管理する必要があります。SFAにまとめ上げるためですね。最初のうちは営業担当者も良い顔はしないかもしれませんね。面倒だし、自分がこれまで作り上げてきた営業手法を全部バラすようなもの。営業スキルまで教えてしまうわけですから、反発があっても当然でしょう。

しかしそれらを押してでも入力し続けることで、それ以上の大きな利益をもたらすことができる、と確信できるツールがSFAなんですね。

データがまとめられ、分析が終わればそこから売り上げを作りだす戦略が決まり、その情報は会社すべての戦略情報として活用することもできるんです。会社全体の売り上げに貢献できるデータづくりができれば、新規の顧客の獲得にもつながり、これまでにできなかったサイクルが生みだされる、ということなんですね。

KnowledgeSuite

no responses 従業員の集中状態を可視化して生産性を高めるIoTソリューションが登場

ジェイアイエヌは、センシング・アイウエア「JINS MEME」において、企業の生産性を高めるIoTソリューション『JINS MEME BUSINESS SOLUTIONS』(ジンズ・ミーム・ビジネス・ソリューションズ)の展開を開始しました。JINS MEMEといえば、メガネに六軸センサーや三点式眼電位センサーが備わっており、まばたきや視線の移動などを察知して集中度や眠気を可視化できるというウェアラブルデバイスですよね。心と身体に関する様々な情報をスマートフォンの専用アプリを通じてゲットできるという製品なんですよ。JINS MEME BUSINESS SOLUTIONSは、従業員の集中状態を上記のように可視化し、その効果を高めて生産性を向上させようというソリューションなのだとか。仕事中、眠い時もバレてしまうのですね。ちょっと怖い気もしますが…働き方が見直されつつある昨今、こういった製品やソリューションをきっかけとして、「働き方改革の推進」や「マインドフルネス導入」が進むと良いと思います。

no responses セミナーにも準備は2ヶ月以上かけて

CRMに必要な顧客情報を集めるためにも、セミナーなどを開く会社が増えているそうです。そんなセミナーの開催には少なくとも2ヶ月を準備期間とするとが必要だそうです。

2ヶ月前には企画がある程度固まっていて、セミナーの目的、ターゲットとする顧客、そしてどのような登壇者をお呼びするのか。内容をしっかりと詰める必要がありそうです。多くの会社では、新規の顧客を探すこと、既存の顧客にはフォローアップが行われるはずで、これらの興味を惹きつけるような内容、そして商品の見せ方も重要になりそうですよね。

1ヶ月前くらいには、ターゲットとなる顧客に開催の案内を出しますが、「今のあなたにとても役立つ内容ですよ!」といったことをしっかりと使えることが肝心です。ここで、セミナーにどれくらいのターゲットが来てくれるかが決まるわけですからね。

直前の期間は持ち込んだ機材がきちんと動くのか、誰がどのような挨拶をし、段取りはどのように進むのかを全ての社員が把握し、訪れた客の情報をしっかりと残しておくこと、この準備を怠らないようにしましょう!

no responses 失敗の原因がわからない・・

営業現場において、失敗した商談の原因がどこにあるのかがわからない・・。自分ではきっちりプロセスを踏み、取引先ともよく話をしていたつもりだけど、結果的に商談は成立しなかったと。

このような失敗に際しても、進んできたプロセスを無駄にしてはいけません。商談が失敗に終わればすべてを捨ててしまいたくなりますよね^^しかし、このプロセスの中に必ず失敗の原因があると言われているんです。

営業マン自身がそれを見つけられ無くても、社内の営業をマネジメントしている管理者、マネージャーがSFAなどの営業支援システムを活用し、失敗の原因を探しだしたり、次に行う営業に役立てることも可能なんです。

今の営業現場って、実はITを駆使することで先進的な営業というものができるんですね。SFAそしてCRMなどの導入がそれで、大企業を中心に今は普及し始めていますが、導入しやすいコストや規模のものも新たに出始めているので、なるべく早くこのようなシステムを導入し、ライバル会社の先を行く営業を行いたいものですね。